知って楽しい?名刺の雑学を覚えておこう

社会人になると作ることが多い名刺ですが、渡すためのものというイメージがある名刺について、知ってみると楽しい雑学をご紹介します。最近は自分用の名刺を会社員でなくても持っている人もいるそうです。個人主やママ友同士でも以前は名刺交換が流行っていましたよね。

そんな風に様々な場面で渡れされる名刺のちょっと面白い雑学を教えます。

『名刺にhpアドレスを記載する場合のポイントと注意点』

名刺はなぜ91ミリ×55ミリで作られているの?

名刺の大きさは91ミリ×55ミリとサイズが決まっていることを知っていますか。これは名刺を裁断する機械がその大きさで固定・設定されているからだといいます。もちろん場合によっては1ミリ2ミリの大きさを変えることは可能なようですが、とても難しい技術が必要になるので印刷会社も大変です。

以前、私も少しだけ大きさを小さくしたくて問い合わせてみたことがあるのですが、サイズを変える場合は別途料金を請求されることになると聞きました。なぜ91ミリ×55ミリと決まっているのかというと諸説ありますが、一般的に有名なのが「黄金比率」を考えたからというものです。

昔の日本では尺や寸という単位を使っていましたが、そこで名刺の長辺を3寸、つまり91ミリに設定した上で黄金比率で計算すると出てくる55ミリを短辺として考えるようになったということです。昔の日本の単位と黄金比率が理由だという人はあまり知らない雑学ではないでしょうか。

知っておくと自慢出来るプチ雑学として覚えておくことをおすすめします。ちなみに海外ではスーツのポケットにちょうど入る大きさでカットされて作られているということです。

海外と日本では渡すタイミングや名刺の大きさが違う?

日本では営業先や仕事先で挨拶代わりに名刺を交換するのが当たり前ですよね。ですが、海外では別れ際に名刺を交換するということを知っていますか。連絡先の交換という意味合いが強いからだといいます。そのため、訪問先の相手が海外の方である場合は相手側に訪問するこちらが合わせる方が良いでしょう。

ただ、交換するタイミングはそこまで重要なことではないため、相手側に合わせると考えておくといいかもしれません。相手がこちら側に合わせて挨拶代わりに名刺を渡してくれる場合もあります。その場合も考えて、あらかじめきちんと名刺の用意をしておくことをおすすめします。

また、欧米では名刺の裏側をメモにして相手の情報などを書き込むことに抵抗がない方が多いです。もし相手が渡した名刺にメモをしていっても、相手の習慣のひとつなのだと考えておきましょう。名刺のサイズもその国によって大きさが違います。

前述したように、日本では91ミリ×55ミリが一般的ですが、海外で働く場合はその国によって大きさが違うことを考えなければいけません。相手の国の名刺のサイズで作成して、あらかじめ用意しておくと便利です。

『名刺の規格サイズの大きさは?関西では9号?』

学生も名刺が必要?大学生や院生が名刺を持っている理由

最近は大学生や院生なども自分の名刺を持っているといいます。これは、就職活動などで役立つという理由からだそうです。実際にどのような場面で使われているのかというと、就職活動のために訪れた会社で社員と名刺交換をするときです。

就活本などには「会社で社員と名刺交換をすることで印象に残せる・覚えてもらえる」といったことが書いてあります。しかし、実際は他の就活生との差をつけないために名刺交換は断られることが多いため、あまり意味がないかもしれません。

他にも、エントリーシートと一緒に名刺を送る、履歴書に添えて送るといったことも就活本には書いてあるそうですが、あまり意味はないと考えた方が良いでしょう。実際に私の知り合いも就職活動で名刺を数枚持ち歩いていて社員の方に渡した人がいましたが、それで印象に残って採用されたということはなかったようです。

雑学としては良いアイデアのように感じますが、実際はあまり意味のないことだと言ってもいいでしょう。結論を言うと、大学生や院生が名刺を持つ必要はありません。背伸びをしていると考えられたり、礼儀やマナーの観点からいってもあまり良くない行動だと印象付けられてしまう場合もあります。

ただ、一応持ち歩いておくと名刺交換をしてもらえた社員の方へ就活の際のお礼メールなどを送りやすくなるというメリットはあるでしょう。名刺交換を禁止されている会社もありますが、それ以外の会社なら交換をしてもらえる可能性もない訳ではありません。

ですが、もし交換してもらえても、個人的に採用結果を確認するようなことはしないように気をつけましょう。お礼メールを送ることで、ほんの少しですが良い印象を与えることは出来ます。個人的に名刺を持ちたいという方は、受け取ってもらえる場合のみ渡しましょう。

雑学のひとつとして知られている学生名刺ですが、個人で渡す・渡さないをしっかりと考えることが大切です。

どうすればいいの?名刺の処分や廃棄の方法

個人情報が書かれている名刺は、処分をするときに困りますよね。そのまま捨ててしまうことは出来ないし、正しい方法で処分・廃棄しなければ情報漏えいの可能性もあります。もし名刺を処分・廃棄する場合はそのままゴミ箱へ捨てるなどは絶対にせず、シュレッダーか廃棄ボックスへ入れましょう。

最近では安価でシュレッダーのように細かく分断出来るハサミも売っているので、それを利用してカットしてから捨てるのもおすすめです。また、名刺のコピーなども必ず処分しておくよう、忘れないことが大切です。自分が印刷所などで名刺を渡すときもありますよね。

そんなときは名刺を返却してもらうか、廃棄証明書を依頼して処分してもらいます。せっかく渡した名刺ですが、あまり付き合いがなくなってしまった、関わりがなくなったという場合は名刺も処分してもらう方が情報面でも安全です。

捨てるか保存しておくかを迷ったときは、パソコンで電子化して保管しておくと便利です。場所を取ることもありませんし、いつでも確認することが出来るので便利です。もはや雑学とも言えない常識になっていますが、名刺の重要さを考えればこれほど便利な方法はありませんよね。

名刺を奉納?名所で行われている名刺に関係のある祭事

京都の恵比寿神社に「名刺塚」というものがあるのを知っていますか。渡された名刺は処分しにくいということから始まったそうですが、毎年9月の第4日曜日に全国から集まった名刺の山を「名刺感謝祭」という祭事で焚き上げ、供養をしています。

ちなみに、商売繁盛の効果があると言われている「ご祈祷名刺」も行っているそうです。また、同じく東京にも名刺を奉納することが出来るという神社があります。それが神田明神です。こちらでは1年の出会いに感謝という意味で「名刺納め祭」を行っており、スキャナーで名刺をデータとして残すことが出来るサービスも行っています。

他にも、熊本の八代駅と鹿児島の隼人駅を結ぶJR薩肥線にある大畑駅という駅の駅舎内に名刺を貼ると、立身出世の効果があるという噂があります。1日5往復しかない駅へ立身出世のために行く人もいるそうで、ちょっとした観光スポットやパワースポットになっているようです。

雑学のひとつとして覚えておくのもいいかもしれませんが、実際にそこで行くときは時間やタイミングなどを考えなければいけません。面白い名刺に関する雑学はたくさんあります。ちょっとした話題提供などのときのために覚えておくのも良いでしょう。